当院での取り組み|大阪府箕面市の【山本動物病院】犬・猫の腫瘍・リンパ腫・腫瘍科認定医

〒562-0043
大阪府箕面市桜井1丁目22-24
ドルチェ桜井1F

072-725-1818

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:30

休診日:水曜・祝日

※「午前診/午後診/変則日」などにつき
必ず『診察カレンダー』の方をご参照ください。

当院での取り組みInitiatives

ワクチン抗体価検査について

ワクチンの免疫が下がった場合のみ追加のワクチンが必要となります。一般的に数年はワクチン接種の必要性がないことが多いです。まずは抗体価検査を受け、抗体価が低い場合だけ再度ワクチン接種を受けましょう。

  • 犬の抗体価検査

    1.犬ジステンパーウイルス抗体(犬ジステンパーウイルス感染症)
    2.犬パルボウイルス抗体(犬パルボウイルス感染症)
    3.アデノウイルス抗体(犬伝染性肝炎、犬伝染性喉頭気管炎)

  • 9種ワクチン(5種ワクチン+レプトスピラ4種)は毎年のワクチン接種が必要です。

  • 猫の抗体価検査

    1.猫パルボウイルス抗体(猫汎白血球減少症)
    2.猫カリシウイルス抗体(猫カリシウイルス感染症炎)
    3.猫ヘルペスウイルス抗体(猫ウイルス性鼻気管炎)

がん感受性試験について

採取した固形腫瘍を使い、体外で培養して各種抗がん剤を使用し、腫瘍への抗がん剤の感受性試験を行います。
実際に動物に投与するときに効果の期待できる抗がん剤を選択投与することが可能となりました。


詳しくは、診察にてご相談ください。

ページトップへ