コラム|大阪府箕面市の【山本動物病院】犬・猫の腫瘍・リンパ腫・腫瘍科認定医

〒562-0043
大阪府箕面市桜井1丁目22-24
ドルチェ桜井1F

072-725-1818

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:30

休診日:水曜・祝日

※「午前診/午後診/変則日」などにつき
必ず『診察カレンダー』の方をご参照ください。

コラムColumn

【犬の腫瘍】乳腺腫瘍は早期発見で根治が可能ってホント?

こんにちは。
大阪府箕面市の「山本動物病院」です。
 
犬の乳腺腫瘍は、避妊手術をしていなメスのワンちゃんに発症の確立が高いと言われています。
悪性の場合は乳ガンと診断される乳腺腫瘍ですが、早期発見で根治が可能なガンであるのは本当です。
 
ワンちゃんの乳腺腫瘍を早期発見するために、症状や治療法について知っておきましょう。
 
 

お乳の周りのしこりは乳腺腫瘍のサインかも

犬の乳腺腫瘍は、左右対照にある5~7つの乳腺に腫瘍ができる病気です。
乳腺腫瘍には、良性と悪性がありますが、約半数の割合で悪性の乳がんと診断されます。
 
初期症状は、触るとわかる乳腺の周りにできる固いしこりです。
しこりの数や大きさには違いがあり、一般的に1㎝以下だと良性の可能性が高くなるそうです。
 
乳腺腫瘍を発症する原因は、はっきりとはわかってはいないものの、性ホルモンや遺伝的な要素が関係しているのではと言われています。
 
避妊手術をしていない高齢のワンちゃんの発症率が高いため、特に注意が必要です。
 
 

愛犬を乳腺腫瘍の発症リスクから守るために

乳腺腫瘍を予防するためには、ワンちゃんが発情期を迎える前の避妊手術が最も有効的です。
すでに発情期を迎えた年齢であっても、避妊手術で将来的な乳腺腫瘍のリスクを軽減できます。
 
もしも乳腺腫瘍を発症したとしても、初期であればしこりを取り除く外科手術で完治が可能です。
外科手術の範囲は、腫瘍の大きさや場所、症状によって異なります。
 
ワンちゃんのお乳の周りに違和感のあるしこりがないかを、日ごろから確認してあげるとよいでしょう。
 
また、乳腺腫瘍を早期発見するために、動物病院で定期的な健康診断がおすすめです。
 
 

犬の乳腺腫瘍は早期発見と早期治療がカギ

乳腺腫瘍は、ワンちゃん自身が痛みや違和感などの症状がほとんどないため、飼い主さまが気づきにくい病気のひとつです。
 
 
山本動物病院は、乳腺腫瘍を含めた腫瘍の診断と治療を専門とする腫瘍科を設置している動物病院です。
乳腺腫瘍の早期発見と早期治療で、ワンちゃんの健やかな成長を見守っていきましょう。
 


腫瘍科のページへ >

 


ページトップへ