コラム|大阪府箕面市の【山本動物病院】犬・猫の腫瘍・リンパ腫・腫瘍科認定医

〒562-0043
大阪府箕面市桜井1丁目22-24
ドルチェ桜井1F

072-725-1818

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:30

休診日:水曜・祝日

※「午前診/午後診/変則日」などにつき
必ず『診察カレンダー』の方をご参照ください。

コラムColumn

早期緩和ケアでワンちゃんの延命とQOL(生活の質)の改善を

こんにちは。
 
大阪府箕面市の「山本動物病院」です。
 
 
かけがえのない家族であるワンちゃんが、もし、がんと診断されたらどうしますか?
 
たとえがんであっても、いつも通りの穏やかな生活を送らせてあげたいと誰しもが願うのではないでしょうか。
 
山本動物病院では、ワンちゃんのがん治療はもちろん、痛みや苦しさを最大限に取りのぞいて幸せな生活を送れる緩和ケアに取り組んでいます。
 
がんの痛みを軽減することで、ワンちゃんの延命とQOL(生活の質)を向上させる方法についてお話ししましょう。
 
 

痛みから解放する緩和ケア

緩和ケアとは、がん疼痛の苦しみや薬による副作用をできるだけ軽減する治療方法です。
 
がんそのものの治療より、できる限りの延命とワンちゃん自身のQOL(生活の質)を最優先とした治療と言えるでしょう。
 
犬のがん治療には、私たち人間と同様に外科手術や化学療法があります。
 
ただ私たちと違うのは、犬の場合には残された寿命がはるかに短いものであるという現実です。
 
当院では、がんにかかった愛犬やその姿を見守る飼い主さまにとって、どんな治療が最善であるかをご一緒に考えていきます。
 
 

早期緩和ケアで穏やかな生活を

緩和ケアには、ワンちゃんの痛みや苦しさを取りのぞくだけでなく、飼い主さまの心のケアも含まれます。
 
たとえ治療のためとはいえ、ワンちゃんが苦しく辛そうな姿は見たくないはず。
 
当院は、がん治療における最終的な手段と考えられがちな緩和ケアを、早期に取り入れている動物病院です。
 
たとえがんであっても、痛みのない穏やかで落ち着いた生活をさせてあげたいと願っています。
 
 

がん治療はご家族とともに

保険会社の調査によると、犬の死亡原因として腫瘍が第一位にあげられています。

※参考:ペット保険のアニコム損保|犬種別の平均寿命を調査

 
ただし、がんを発症したからと言って、必ずしも死に直接つながるわけではありません。
 
獣医療の進歩によって、たとえがんであっても完治する可能性も高くなっているのです。
 
山本動物病院では、獣医腫瘍専門医による診断をもとに、最善の治療法についてご家族とご一緒に考えさせていただきます。
 
 

山本動物病院の疼痛管理についてもっと詳しく


ページトップへ