コラム|大阪府箕面市の【山本動物病院】犬・猫の腫瘍・リンパ腫・腫瘍科認定医

〒562-0043
大阪府箕面市桜井1丁目22-24
ドルチェ桜井1F

072-725-1818

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:30

休診日:水曜・祝日

※「午前診/午後診/変則日」などにつき
必ず『診察カレンダー』の方をご参照ください。

コラムColumn

もしかしてガン?犬の腫瘍を早期発見する方法

こんにちは。
 
大阪府箕面市の「山本動物病院」です。
 
 
私たち人間と同様に、犬もさまざまな病気を発症する可能性があります。
 
なかでも悪性腫瘍であるガンは、進行すると死亡する確率が高い病気といえるでしょう。
 
保険会社の調査によると、犬の死亡原因として腫瘍(ガン)が第一位にあげられています。
 
しかし一方で、動物医療の技術の進歩により、ガンは早期発見、早期治療で完治できる病気になりつつあります。
 
ワンちゃんの命を守るために、ガンを早期発見する方法と対処法についてお話しします。
 
 

要注意!ワンちゃんの体の気になるしこりや腫れ

ガンは、体の表面にしこりや腫れとしてあらわれるケースが多くなります。
 
全てのしこりが悪性腫瘍とは限りませんが、1㎝以上の大きさだったり、赤みや腫れを伴っている場合は注意が必要です。
 
ガンのなかでも発症する確率の高い肥満細胞腫やリンパ腫の可能性が考えられます。また、女のコの乳腺のしこりは乳腺腫瘍の場合も。
 
ワンちゃんの体に気になるしこりや腫れを見つけたら、念のため動物病院で検査してもらいましょう。
 
 

日ごろからワンちゃんの様子をこまめにチェック

初期のガンは、ワンちゃんの体調の変化や目に見える症状として判断することは難しいものです。
 
もの言えぬワンちゃんは、体の不調を飼い主さまに伝えるすべがありません。
 
日ごろから、食欲や排せつ、睡眠などワンちゃんの様子をこまめにチェックしておくと、ガンの早期発見に繋がります。
 
たとえば、スキンシップとチェックをかねて、毎日全身を撫でてあげるのもおすすめです。
 
 

定期的な健康診断は早期発見に効果的

ガンの早期発見のために、ワンちゃんの年齢に合わせた定期的な健康診断を受診しましょう。
 
万が一、ガンが発見された場合でも迅速な診断と治療を行うことが可能です。
 
また、幼年期の避妊や去勢によって生殖器のがん発症のリスクを軽減する可能性が高まることもわかっています。
 
山本動物病院では、獣医腫瘍科認定医によるガンの診断と治療に対応している動物病院です。
 
大切な家族であるワンちゃんの健康を、一緒に見守っていきましょう。


ページトップへ